« 日蓮宗(仏壇飾りの例)いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ法要や霊祭に招かれたら »

曹洞宗(仏壇飾りの例)

曹洞宗(仏壇飾りの例)

本尊は、釈迦牟尼仏で、本尊に向かって右後側に道元禅師、左後側に螢山禅師を描いた絵像を祀ります。基本は座禅で、朝夕のおつとめのとき、座禅を組みます。お参りの仕方は、他の宗派とあまり変わりはありません。焼香は、二度の焼香をします。(一度目は抹香を押し頂き、二度目は押し頂かず最初の香に添える)

※仏壇飾りの用具
本尊、道元禅師、螢山禅師、位牌、常花立て、高つき、過去帳、仏飯器、茶湯器、燭台、鈴、香炉、経本、花立て、木魚

「葬儀と法要日常の追悼と供養」内の記事一覧