« 基本的な仏壇飾りいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ天台宗(仏壇飾りの例) »

戒名の意味と各宗派別の位牌

戒名(法名)は、もともと2字で表されていたものが、道号や位号が加わってきたため、それらを区別するため、全体を示すものを「戒名」、本来の2字を「法号」と称するようになりました。

●各宗派別の戒名
天台宗 … 道号=中国では名のほかに「字(あざな)」というものを持ち、その人を尊んで呼ぶときに用いたこの字を道号と言う。

臨済宗・曹洞宗  … 新帰元=「新たに亡くなった」という意味で、白木の位牌にのみに使われる。

真言宗 … 位牌の上部に大日如来の種子である梵字のアを記す。等しく大日如来の弟子であることを表している。

浄土宗 … 誉号=これは五重相伝を受けた檀信徒に授与されたものだったが、現在では受けていない人にも与えらる。

浄土真宗 … 釈号=これは東晋の道安が仏弟子となれば、みな釈迦の姓を唱えるべきとして自ら「釈道安」と号したのが始まり。

日蓮宗 … これは日蓮が「明るきこと太陽のごとく、清きこと芬陀利華の如き」を求めて自ら「日蓮」と号したことに始まる。

「葬儀と法要日常の追悼と供養」内の記事一覧