« 神式葬儀で使われる用語いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ参加者の心得 »

通夜祭・遷霊祭の進め方

「通夜祭」とは、仏式の通夜にあたる儀式で、「遷霊祭」は故人の霊を霊璽(れいじ)に移し留める式です。

●通夜祭の式次第
@斎主の祭詞 … 祭壇の前に斎主、喪主、参列者が着席し、斎主が祭詞をとなえて一拝する。
A玉串奉奠 … 玉串は、榊の枝に木綿または紙をつけて神前に捧げるのに用いるもので、斎主が玉串を奉って拝礼する。続いて喪主から血縁の濃い順番に玉串を捧げる。

●遷霊祭の式次第
@斎主が棺の前にある霊璽を棺のほうに向け、故人の霊が遷るように遷霊詞をとなえる。(このとき、家中の灯は消しておく)
A遷霊詞を終え、霊璽を祭壇に安置した仮霊舎に納め、室内の灯をつける。(この儀式で、故人の霊は喪人の守護神になる)
B斎主、喪主、一同が仮霊舎の前に者席し、斎主が一拝し、副斎主または斎主の献饌(洗米・塩・水を供える)を行う。
C斎主による遷霊祭詞の奏上(参列者一同は深く頭をたれる)
Dもう一度、一同が順次に玉串奉奠をして通夜祭を終わる。

※祭儀の前には、「手水の儀」を行いましょう。また、通夜ぶるまいの料理は家で煮炊きはしてはいけません。

「葬儀と法要神式の葬儀」内の記事一覧