« 骨迎えと精進落としいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ火葬と骨揚げについて »

通夜の進め方

通夜の進め方は、一般的には、列席者一同着席、 僧侶入場→着席→読経→焼香(縁の深い順に)→僧侶法話(ない場合もある)→僧侶退出→喪主あいさつ→通夜ぶるまいと進行します。

遺体は納棺をして祭壇に安置し、僧侶が到着したら祭壇や供物の位置について見てもらいましょう。
宗派により焼香の回数は違いますが、葬儀の宗派に無理して合わせる必要はなき、自分に宗派の焼香作法でかまいません。
読経が終わり、全員の焼香が終わったら、通夜の挨拶を喪主自ら簡単にしましょう。
僧侶が通夜ぶるまいを受けないときは、お車代とは別に食事代として御膳料を包みます。
通夜ぶるまいのお開きの挨拶は、喪主か世話役の代表がしますが、弔問客の見送りは、喪主や遺族はする必要がありません。

「葬儀と法要仏式の葬儀」内の記事一覧