« 戒名の格付けと宗派別の特徴いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ通夜の進め方 »

骨迎えと精進落とし

骨迎えとは、家に戻った遺骨を、後飾り壇に安置し、線香をあげて読経し,供養することです。後飾り壇には遺影、位牌、花、ローソク、香炉、鈴をならべ、忌明けまでこの壇で供養します。
火葬場から帰宅した人は塩と水で体を清めてから家に入りましょう。このお清めの儀式も、故人をおとしめることという考えからしない人も増えてきています。

精進落としとは、四十九日の忌明けに精進料理を通常の食事に戻すことです。精進落としの席では、僧侶をはじめ世話役代表、世話役、お手伝いの人々を上座に案内して、喪主・遺族は末座に座って、料理と酒を準備して接待に努めましょう。

「葬儀と法要仏式の葬儀」内の記事一覧