« カトリックの葬儀・告別式いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ骨迎えと精進落とし »

戒名の格付けと宗派別の特徴

戒名には格付けがあり、、故人の檀那寺や本山、あるいは社会に対する貢献度によって決められていました。宗派によって多少違いますが、主なものは以下の通りです。

院殿 … 最上位の名称 ××院殿○○○○大居士(女性は清大姉)
院 … 院殿に次ぐ位の名称 ××院○○○○居士(大姉)
信士 … 一般的で最も多い名称 ○○○○信士(信女)
童子 … 子供につける名称 ○○○○童子(童女)
嬰児 … 乳幼児につける名称 ○○○○嬰児(嬰女)

戒名の付け方には、仏教の各宗派の特色が現れるので、戒名を見れば、どの宗派か、おおよその見当がつきます。各宗派の特色は以下のようなものです。

真言宗 … 戒名の上に梵字で「ア」「カ」
臨済宗 … 庵号、斎号、軒号のほか、「禅定門」、「禅定尼」という位号
浄土宗系 …  「誉」や「空」という文字
浄土真宗 … 男性には「釈」、女性には「釈」または「釈尼」という文字 戒名ではなく「法名」
真宗各派・日蓮宗 …  開祖である日蓮の「日」や男性には「法」、女性には「妙」の文字

「葬儀と法要仏式の葬儀」内の記事一覧