« カトリックの臨終と通夜いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページプロテスタントの葬儀と告別式 »

キリスト教式葬儀参列者の心得

キリスト教は、死は悲しいことではなく神の元に召されることです。そのため、お悔やみの言葉に「ご愁傷さまです」「このたびはとんだことで…」などの言葉をかけることは間違いです。

キリスト式の葬儀は、告別式との区別がないので、葬儀の最初から出席することが原則となります。定刻10分前には到着するようにしましょう。祈りの言葉や聖歌については印刷物が用意されているので、それを参照すればよく、立ち居地も進行係の指示に従えばいいです。

キリスト教では、祭壇の近くに飲食物などはいっさい置きません。全てが供花で生花を供えます。また、お花料として現金を包むのもよく、表書きは「お花料」「御霊前」とし、カトリックでは「御ミサ料」とも書きます。

「葬儀と法要キリスト教式の葬儀」内の記事一覧