« 香典と供物の心得いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ弔辞の服装(正式礼装) »

葬儀・告別式の会葬の心得(仏式)

会葬とは、葬儀や告別式に参列することをいいます。葬儀と告別式は本来別々の独立した儀式なので、葬儀と告別式が分けて行われる場合、葬儀から参列するのか、告別式のみに参列するのかは各人で判断しましょう。
葬儀や告別式に参列する場合、読経や祈祷に遅れることのないよう、定刻より15分前には到着するようにしましょう。
式の最中は、私語は謹み、友人・知人とも目礼する程度にしておきます。霊柩車が去ったあとにすぐに大声で話したり、笑い声を立てるのは、大変失礼なことなのでやめましょう。(常識です)
時間の余裕のないときは、告別式終了後帰ってもかまいませんが、出棺の見送りは礼儀だということは頭にとどめておきましょう。
遺族や親族以外にどうしても火葬場に同行したい場合は、前もって申し出ておくようにしましょう。また、遺族から頼まれた場合も、できるだけその気持ちに添うようにしましょう。

「葬儀と法要弔問の心得と常識」内の記事一覧