« 焼香の作法いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ葬儀・告別式の会葬の心得(仏式) »

香典と供物の心得

香典は、相互扶助のために物品を持ち寄ったことから始まりました。香典はふくさに包むのが丁寧で、むきだしのままハンドバッグやポケットから出すのは不作用だということだと覚えておきましょう。
香典は弔問のときに持参すると、予め用意していた印象を与えてしまうので、通夜か葬儀に持参しましょう。また、香典袋の包み方は、悲しみを留めないで大地に落とすという意味から、慶事の場合と逆になります。
香典の表書きは、故人の宗旨に合わせ書きましょう。
連名で香典を出す場合は、3名程度にしますが、たとえ小額でも、一人一人が包んで出すようにしたほうがよいでしょう。香典の金額には目安がありますが、迷ったら多めに包みましょう。
香典と供物・供花は、本来同じ意味合いのものです。霊前に品物や花を供えたら、本来は香典を包む必要はないと言えます。
供物や供花の種類は宗旨により違い、贈るときは早めに届けましょう。

「葬儀と法要弔問の心得と常識」内の記事一覧