« 玉串奉奠の作法いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ香典と供物の心得 »

焼香の作法

焼香とは、仏や死者に対して香をたいて拝むことです。焼香の回数は、1回(全ての心を1回の香に込めるという意味)、2回(仏と衆生とに奉げる意味)、3回(仏、法、僧に奉げる意味)などがあります。

●焼香の手順(立礼焼香)
@僧侶・遺族に一礼、祭壇前へ行き一礼した後、手を合わせて合掌。
A右手3本の指先で香をつまみ、目の高さまで香をかかげる。
B香をそっと香炉に落とす。
C掌し、祭壇から1歩下がり僧侶・遺族に一礼。祭壇正面から少しずれた位置で向きを変えて席に戻る。

この他に、座礼焼香や回し焼香があります。

「葬儀と法要弔問の心得と常識」内の記事一覧