« 献花の作法いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ焼香の作法 »

玉串奉奠の作法

神事で行う玉串奉奠とは、仏式の焼香にあたるもので、玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味がこめられているものです。

●玉串奉奠の手順
@祭壇に進んで、神官の前で一礼。
A玉串の枝の根本を右に、枝先を左にして受け取ります。左手で枝の下から捧げるように持つ。
B神官にもう一度礼をし、祭壇前にある玉串案(白木の台)に進む。
C玉串をかるく目の高さまで捧げ、右回りで回転させる。
D根本の方を祭壇に向けて置く。
E正面を向いたまま、少し下がって一礼し、二拍子、一礼をしてから、霊前を下がる。

玉串は、いつも水平に持ち、左右の手は上向きにし、拍子は、音を立てない「しのび手」で行いましょう。

「葬儀と法要弔問の心得と常識」内の記事一覧