« 香典の金額の目安いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ献花の作法 »

通夜の弔問

通夜は、本来近親者や親しい人だけが集うものです。通夜の弔問は形式よりも心です。服装などを考えるのは後にして、とにかく駆けつけることを優先しましょう。

服装は平服でかまいません。席順は係りに進められた場所に座りましょう。焼香後、通夜ぶるまいの席に案内されたら固辞せず席につき、箸をつけることが礼儀です。しかし、通夜での長居は禁物で、遅くても10時までには辞去しましょう。

「葬儀と法要弔問の心得と常識」内の記事一覧