« 葬儀の打ち合わせいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ不幸を知らされたら@ »

葬儀の準備

葬儀の準備としては、葬儀の形式、葬儀の規模、葬儀の日程、喪主の決定、世話役の決定をしておくことです。

喪主は、遺族の代表者として葬儀を主催し、弔問を受けるのが努めです。喪主は葬儀のみならず、そのあとの年忌法要や供養も行う責任ありますので、慎重に選びましょう。喪主が高齢であったり、子供の場合は親戚の一人が施主(葬儀・法事・供養などの運用の責任者)を努めます。

喪主や遺族は主に弔問を受ける立場なので、葬儀全般の実務を仕切ることができないので、代わりに立ち働いてくれる世話役が必要となります。世話役代表は、親戚や友人・知人から葬儀の知識と経験が豊かな人に依頼しましょう。

必要な世話役は葬儀の規模と内容により違ってきますが、主に、会計係(香典の管理、現金の出納・精算、出納帳の記帳など葬儀の経理全般)、受付係(弔問客・会葬者の受付と応対)、進行係(喪主と葬儀の司会進行に関する打ち合わせ)、接待係(弔問客・会葬者や僧侶へのもてなしと料理の手配)などの係が必要となります。

「葬儀と法要危篤・臨終から葬儀の手配」内の記事一覧