« 自宅で危篤・臨終を迎えたらいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ病院で臨終を迎えたら »

お釈迦様の故事にならった末期の水

末期の水とは、蘇生を願う民族的儀礼で、一人一人が故人に別れを告げる大切な儀礼であり、「死水」とも呼ばれています。釈迦が死にぎわに水を欲したという故事にのっとっています。
医師から臨終を告げられたら、居合わせた家族や近親者は、死者に末期の水をとらせましょう。

末期の水の方法
@茶碗の水にシキミの葉や鳥の羽根、脱脂綿などを浮かべ、それで唇を潤す。
A割り箸に脱脂綿を巻き付け、それに水を含ませ唇を潤す。
B新しい筆に水を含ませ唇を潤す。

「葬儀と法要危篤・臨終から葬儀の手配」内の記事一覧