« 入園・入学は子供を中心に身内で祝ういざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ成人式は一人前になった男女の儀式 »

七五三は子供の成長の節目に災厄を祓う

七五三は、七・五・三の年齢はいずれも陽数で、縁起の良い数字になっており、東アジア全体の聖数となっているもので、子供が無事に成長した感謝の気持ちを神様に告げ、子供の健やかな成長をみんなで祝うというものです。3歳は、女の子が髪を結い、櫛をさすことができるくらい成長した、ということから、お祝いをするようになり、5歳はその年になると、男の子が子供用の着物から、袴をつけるようになったこと、7歳は、都会では7歳の女の子が振袖を着ることが、華美な風習となり、それが一般化したことと、社会的な公認を受けることからお祝いするようになったといわれています。

社務所に申し出て、神官のお祓いを受け、祝詞(のりと)をあげてもらいます。謝礼には熨斗袋か封筒にお礼の金額を入れ、表書きに「御初穂料」(はつほりょう)と書き添えておきます。相場は5000円前後です。

お祝をいただいたのに、お祝の席に招待しなかった場合は、贈り物の半返しが基本です。子供に祝儀を包んでいただいたお宅には、千歳飴、お赤飯を届ければよいでしょう。

「その他子供のお祝いごと」内の記事一覧