« 檀家制度は江戸期からいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ仏式葬儀の流れ »

多様化する「よい葬儀」の意味

どんな宗旨の葬儀でも、だんな形の葬儀でも、遺族や会葬者に故人を想う気持ちの深さがなければ、「よい葬儀」と言えるのでしょうか…。会葬者が多い、葬儀が立派…などとりも、気持ちのこもった葬儀でこそ「よい葬儀」と言えるのではないでしょうか。

「葬儀と法要葬儀とは何か」内の記事一覧