« 葬儀・告別式の意味いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ多様化する「よい葬儀」の意味 »

檀家制度は江戸期から

江戸時代に入ると、幕府はキリシタン禁制を名目に檀家制度を設け、全ての人を寺に登録させ戸籍を作りました。この檀家制度の推進により次第に「一家一寺」という関係が成立し、家の菩提寺として経済的な基盤を支えながら葬儀、仏事を寺に任せるようになりました。

江戸時代以前は、寺が葬儀を行うことは一般的にありませんでしたが、これ以降、葬儀は必ず寺が行うことになったのです。

「葬儀と法要葬儀とは何か」内の記事一覧