« 新郎の父親の挨拶いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ新婦の父親が新郎の父親に代わって挨拶をする »

挨拶を代わりに行うときの断りの言い回し

●挨拶を代わりに行うときの断りの言い回し

1、新郎・正成君の父、正臣さんがご挨拶するところですが、折あしく入院中なため僭越ながら私が代わりを務めさせていただきます。
2、本来なら新郎の父・武田勝がご挨拶するところでありますが、1年前に他界しているため、新郎のおじにあたります私が代わりに一言挨拶を申し上げさせていただきます。

…など。

「その他お祝いの挨拶集」内の記事一覧