« 発表会には関心をもっている人を招くいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ入園・入学は子供を中心に身内で祝う »

十三参りは少女中心の知恵詣で

十三参りは、陰暦の3月13日に数えで13になった男女が、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りをし、知恵と福徳を授かるといわれており、江戸時代の中期に始まった行事です。身体的に大人になる年齢でもあり、女の子は赤い腰巻、男の子は六尺の褌(ふんどし)をもらい、着用しました。

現代の暦では、4月13日に、京都では、法輪寺に、三重県伊勢市では、金剛証寺に晴れ着をきた少女がお参りをしますが、今では、虚空蔵菩薩以外の寺院に詣でることも行われています。

現代では、10歳を過ぎるころに、初潮や夢精を体験し、性に対して興味を持つようになりますが、母親は女の子と、父親は男の子と、性に対する正しい知識を教える必要があります。

「その他子供のお祝いごと」内の記事一覧