« 成田離婚いざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ媒酌人の挨拶の例 »

結婚式のキャンセル

挙式当日に相手が来なかったり、本人の意思によりドタキャンされた場合、すべてを中止するか、相手の体調不良ということにして、とりあえず披露宴だけ行うか二者選択になります。いずれにせよ、媒酌人と事故処理について早急に判断を下しなければならなくなります。それでも判断しきれない場合は、会場側に相談を。突然の事態に対する対応策は用意してあります。

相手の一方的な理由でのドタキャンは、慰謝料の請求、キャンセル料の請求が当然できます。当人同士の話し合いは感情的になりこじれることがほとんどなので、仲人か、第三者、または弁護士に間に立ってもらいましょう。

お祝い金をいただいている場合、早いうちに現金書留で返却をしましょう。お祝い品も同額の現金か商品券を返しましょう。その際には、結婚を取りやめた旨を記した手紙を添え、丁寧にお詫びをしましょう。

「 結婚関連新しい結婚のスタイル」内の記事一覧