« お開き後は素早く行動をいざというとき役に立つ!冠婚葬祭ガイドトップページ余興に地方色がある演出で »

祝辞と余興

祝辞とは祝いの言葉です。披露宴では、上司、勤務先関係者、恩師、友人、親戚などに祝辞をいただきます。

●上司、勤務先関係者、恩師の祝辞
新郎新婦の人柄やエピソードを交え、心温まる話し、印象的な出来事を話しましょう。失敗談や、誤解を招く話、専門・業界用語、身内にしかわからないジョークなどはやめましょう。

●友人、親戚の祝辞
楽しいエピソードや、二人の人柄がわかるような話、二人の仲の良さを感じられた話しなどを披露しましょう。ただし、最初の媒酌人の話しと矛盾するようなことは避けて。

最近では、祝辞に代えてお祝いの余興をすることが多くなってきました。この余興が、新郎新婦も参加できるようなものであれば、一緒に参加して余興を楽しみましょう。
また、披露する側は、時間をオーバーしないように心がけ、手品やマジックなどの会場全体が楽しめる余興にするようにしまよう。

「 結婚関連結婚披露宴」内の記事一覧